自閉症児といっしょにキャンプに行こう!《お試しキャンプ編①》

出典:pixabay

 

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

このブログは

自閉症児といっしょにキャンプに行こう!

自閉症児といっしょにキャンプに行こう!《導入編》

の続きとなります。

 

前回のブログにも書きましたが、

更地(オートキャンプ区画)にテントを張り、食材持参してのキャンプは

多動ありありの自閉症児を抱える家庭にとっては、かなりハードルが高く(‘A`)

 

キャンプ経験のある我が家であっても、いきなり本格派のキャンプに出かける勇気はございませんでした。

そこで考えたのが、

三段階活用⤴

 

それは、こんな感じです。

 

①貸別荘でBBQ
②キャンプ場のトレーラーハウス(orコテージ)でBBQ
③テントを張って本格的なキャンプ
 

という。

最終的には、普通のキャンパーみたいに、テントを張って、手作りのご飯作って、ていう休日を過ごしたかったんですよね。

 

でも、超多動児で重度知的障害あり、自閉症の長男・太郎がいると、

いきなり普通のキャンプに連れていくのは不安でいっぱいなわけです。

 

そういうわけで、子供が小さい頃は、①の貸別荘に訪れることが多かったですね。

 

貸別荘というと、具体的には八ヶ岳にある「泉郷」にちょくちょく、訪れていましたねー。

 

ここはバス・トイレ・キッチン(LDK)・寝室などが完備した、貸別荘なんですよね。

一軒家をまるごと貸し切れるんですが、キッチンには調理用具や食器なども完備しているため、

別荘で手作り料理を楽しめる

というわけです。

ネオオリエンタルリゾート八ヶ岳高原 – セラヴィリゾート泉郷 (izumigo.co.jp)より転載

 

貸別荘の中身はこんな感じで。

コタツなんかもあって、

いたって普通の家、自宅とあまり変わらないような(;’∀’)

 

まあ、本当に別荘とはいっても中に入ってしまえば、

普通のおうちのようにキッチン、ダイニング、リビングがあって、

しかもわりと庶民的😅

 

そのかわり、ホテルなどと同じように、寝具も完備しているんですよね。

調理器具・食器もあるわけですし

持参するのは食材だけでOK。

 

ちなみに、泉郷には温泉大浴場や売店も完備しているんですよ👍

 

つまり、

キャンプの食事のところだけを、

自宅以外で再現できる

 

というわけなんです!

 

もちろん家の中なので、炭火を起こしてのBBQはできません。

なので、うちはホットプレートを持参していました。

 

基本的に鍋・薬缶・フライパンなどは貸別荘に常設してありますよ(‘ω’)ノ

でも、ホットプレートは置いていないので(レンタルできるかもですが)

持参することをおすすめします。

 

ちなみに。

泉郷の貸別荘の設備・備品はこちら↓

 

 

設備

バス、トイレ、洗面所、キッチン、テレビ、調理器具、台所用品、ドライヤー、暖房器具、扇風機
※エアコンは付いておりません

 

備品

 

電子レンジ・冷蔵庫・炊飯器・電気ケトル(一部電気ポット)包丁、鍋(大、小)、フライパン、ボール、
ガスコンロ(一部IHコンロ)、菜ばし、お玉、フライ返し、コルク抜き、缶きり、栓抜き、茶こし、計量カップ、まな板、
食器用洗剤、食器洗い用スポンジ、しゃもじ、アイスペール、ティーポット、ふきん

 

アメニティ

 

タオル、バスタオル、歯ブラシ、ハンドソープ、ボディソープ、シャンプー、コンディショナー

 

 

寝具

羽毛布団、枕、シーツ、包布、ピローケース

ネオオリエンタルリゾート八ヶ岳高原 – セラヴィリゾート泉郷 (izumigo.co.jp)より転載

 

ま。たいていのものは揃っていたので、キャンプのイメトレといっても、BBQをすることだけなんですけどね。

実際にキャンプに行く事を想定して、食べ物や飲み物は現地で調達するのではなく、クーラーボックス持参で、自宅で買い出しは済ませてから出かけました✋

 

肉は前日までに購入して冷凍。

クーラーボックス用の保冷剤を冷凍庫で凍らせておく。

ドリンク用のロックアイス(氷)もあらかじめ購入して冷凍庫へ。

野菜は朝カットできるものは自宅で済ませておく。

調味料(焼き肉のたれ、ポン酢など)の準備も忘れずに。

 

本来貸し別荘には冷蔵庫があるのでここまでやる必要はないんですが、キャンプ場のイメージで練習しておくことがコツです。

キャンプ初心者だと食べ物の調達・準備だけでも手間取ってしまうので、まずは貸別荘に何度か訪れて、キャンプをイメージした食事を作っておくと安心ですよ( ^ω^ )

 

長くなったので、続きは《お試しキャンプ編②)にて。

自閉症児といっしょにキャンプに行こう!《お試しキャンプ編①》” に対して4件のコメントがあります。

  1. 稲倉サナ より:

    >Haruママさん
    コメントありがとうございます(*'ω'*)
    八ヶ岳の貸別荘、快適ですよ~。
    ただ子供が小学生になると金額がいきなりUPするので、うちが通っていたのは未就学児のうちだけでした(;'∀')
    八ヶ岳はアウトレットやシャトレーゼの工場(アイス食べ放題が楽しめます♪)もあり、寄り道も楽しかったです♪

  2. 稲倉サナ より:

    >whitecrownさん
    コメントありがとうございます(*'ω'*)
    キャンプは道具を揃えるのが楽しくって、いろいろ集めていました!
    確かにいきなりテントコースは心が折れますね(笑)
    貸別荘はおすすめですよ♪まずは食事だけでもキャンプ気分を味わえるので、テラスのある貸別荘だとなお良しですね。

  3. Haruママ より:

    キャンプ!夢ですね(^^)
    とても楽しみに読ませていただいています☆
    八ヶ岳の貸別荘なんて、すごく気持ちが良いんでしょうねー!
    夏休みにキャンプができる状況なのか分かりませんが、夢が膨らみました!
    更新楽しみにしています!

  4. whitecrown より:

    キャンプ編、楽しみに読んでいます。
    「キャンプ子供と行ってみたいよね~
    でも道具そろえるの大変だし、そもそもパパ、キャンプ未経験だよね?テントたてれないよね?」
    っていう我が家のような家庭にとても参考になります(*´▽`*)
    (うちの旦那さんて言うだけで何も考えてないんだよな~コッソリ)
    貸別荘ならうちでも行けそうかな♪更新楽しみにしています!

コメントを残す