「ちむどんどん」のニーニーは発達障害だったら許されるのか?

出典:イラストAC

ここ数年、毎朝必ずNHK連続テレビ小説を観ることを楽しみにしているのですが、その後にある「あさイチ」の”朝ドラ受け”もセットで楽しみにしていたんですよね😊

ドラマを観た感想を誰かと共有したいという気持ちが、この”朝ドラ受け”で解消されていたと思うんです。

ところが太郎の登下校の付き添いの関係で、最近ではあさイチを観ることができなくなってしまったんです😭

そこで代わりに見るようになったのがTwitter。

TwitterではNHK連続テレビ小説の反省会的ツイートが定番となっているようで、「カムカムエヴリバディ」の時は概ね番組に対して好意的な意見が多く、「そうそう!」「そうなの!」と共感できるツイートだらけだったんです。

それが「ちむどんどん」がスタートしてからというものの、Twitterは番組に対する不満をつぶやくツイートばかりを見かけるようになりました。

なかでも主人公の兄・賢秀(妹たちからニーニーと呼ばれている)に対する風当たりが強く、昨日はちょっとした炎上騒ぎとなったんですよね😔

 

家族に迷惑をかけてばかりのニーニーにTwitterでは嫌悪感

出典:pixabay

ちむどんどん』は日本のテレビドラマ。2022年度前期放送のNHK「連続テレビ小説」第106作として、同年4月11日から放送されている。沖縄の本土復帰50年を記念し、沖縄本島北部のやんばるを舞台としている。沖縄料理に夢を懸けるヒロインと強い絆で結ばれた4兄妹の「家族」と「ふるさと」の物語

タイトルの「ちむどんどん」とは、沖縄方言で「胸がわくわくする気持ち」を表す

出典:ちむどんどん – Wikipedia

公式サイト☟

NHK連続テレビ小説『ちむどんどん』

 

「ちむどんどん」を観ていない方のために簡単に説明しますと、このドラマはアメリカ合衆国の占領下から日本本土復帰した時代の沖縄が舞台であり、主人公の暢子(のぶこ)、兄で長男の賢秀(けんしゅう)、姉で長女の良子(りょうこ)、妹で三女の歌子(うたこ)、そして母・優子(ゆうこ)の5人家族の物語です。

父は暢子たちが小さい頃に病死し、妹の歌子も病弱で頻繁に寝込むことが多く、一家は食べていくのが精いっぱいという極貧ぶり。

そんな中で兄の賢秀は定職に就かず(というかニート😂)、村の共同売店で働く母と地元の小学校で教師となった姉の良子の収入だけでは家計は常に火の車、暢子は高校を卒業した後は就職して家計を支えなくては一家は生きていけない・・・と。

家族全員で支えあっていかねば生きていけない、そんな状況でもトラブルメーカーである兄の賢秀は、支えるどころか、店で暴れて物を壊し、負債を増やしてしまう始末😂

挙句の果てに詐欺に引っかかり、母親に借金をさせて用意したお金をすべてだまし取られてしまいます。

 

以下の記事にはニーニー(長男・賢秀)が起こしたトラブルについて書かれてあります。

竜星涼さん、どんな人? 朝ドラ『ちむどんどん』で“ニーニー”賢秀役。トラブルメーカーぶりが話題に | ハフポスト アートとカルチャー (huffingtonpost.jp)

 

この記事の最後にはこんなふうに書かれてありました。

ネット上では、賢秀の行動に対し、「朝ドラ史上最悪の兄」「どうしようもない」などの厳しい声や、家族思いな一面を認めた上で「これから改心してほしい」など、様々な声があがっている。

 

しかしこれには私は違和感を感じざるを得ません。

というのはここ☟

「これから改心してほしい」

改心?

改心って、ニーニーは確かにトラブルメーカーではあるけど、どれもこれも自分が「よかれ」と思ってやっていることばかり。

「家族のために」と思ってやっていることが、的外れであり、結果最悪の事態を招いているだけであって😅

心は悪くない、心を改める必要はないと思うんです。

ところがニーニーの素行があまりにもひどすぎるため、Twitterをはじめとする世間の反応を見るにつけ、ニーニーに対する風当たりが強いと感じています。

昨日の放送後にはニーニーに対する不快感、それを許す家族(主に母親)に対する不快感を露わにしたツイートが続々と投稿されていました。

でも、ちょっと待って、と私は思うんです。

もしも・・・もしもニーニーが発達障害だったとしても、世間の人々はニーニーのことを責めるんだろうか?と。

 

ニーニーは実は軽度知的障害をともなう自閉症なのでは?と思ってる。

怒る

出典:pixabay

私は「ちむどんどん」の序盤からニーニーの発達障害を疑っていました。

理由は以下のとおりです🖐️

 

●感情を抑えられずすぐに暴れてしまう

通りすがりの老婦人が男に突き飛ばされた場面に出くわしたニーニーは、その男を殴り飛ばしてしまう。実はその男は暢子が卒業後に働く予定の会社の御曹司であり、その影響もあって暢子の就職が白紙に。

また、詐欺にあった事にショックを受けたニーニーはハンバーガーショップで自暴自棄になり酒に溺れ、店内で暴れて椅子やテーブルをなぎ倒し、多額の修理代と賠償金を店から請求される。

カッとすると考えるより先に手がでてしまうんですよね。そして反省をせず「〇〇が悪い」と。

いずれも自分の何が悪かったのか、理解できていないフシがありました。

 

●飽きっぽく仕事が続かない

幼い頃から努力と勉強が苦手、集中力がなく飽きっぽいせいで仕事が続かず、現在はニートの状態。

なおかつ家の手伝いもしない。

身を粉にして働く母親、稼いだお金の大半を家計にさしだす妹(良子)、母のかわりに家族全員の食事を作る妹(暢子)を後目に、働かず手伝いもしない自分のことを殊更悪いとも感じていない模様。

 

●表面的な言葉だけを信じて詐欺にひっかかってしまう

「預けたお金を倍になる」という言葉を信じて投資詐欺にひっかかったニーニー。

実は、胡散臭い投資話に反対する妹たちに内緒で、母親に借金をさせてまで用意したお金を全額持っていかれたのでした😭

言葉の裏が読めず、言われたことを素直に信じ込んでしまう発達障害者が詐欺のターゲットにされがちなんですよね。

 

●自分のせいで家族が窮地に陥ったのに「お腹すいた」と欲望第一

投資詐欺に合ったということが判明したその日、家族が騒然としている中で寝転がって「お腹が空いた!」とわめくニーニー。

夕食の時間だったのが詐欺騒動でそれどころではなくなり、食事の準備そっちのけで議論する家族を後目に「お腹空いた、ご飯マダァ?」って、床に寝転がって手足をバタバタさせる22歳を見た瞬間に思いましたよね。

あ、この人自閉症だわって😅

 

●嫌なことがあると向き合うことなくすぐに逃げてしまう

詐欺被害にあって背負ってしまった借金をどうする?という段階で、こともあろうかニーニーは家から姿をくらましてしまいます。

一応、お金を稼ぎに行くという大義名分のもとに去っていったわけですが、おそらくいたたまれない雰囲気の家に居られなかったのかな、と😅

 

●22歳にもなって「倍返し」を「”部”返し」と素で書いてしまう残念な学力

家を出ていく際に書置きをしていたんですが、その手紙がこれ☟

いくら勉強が嫌いだとか苦手だとか言っても、倍を部と書いてしまうのはさすがにうちの太郎でもしません😅

22歳にもなって小学校低学年の漢字も書けないということは、知的障害、もしくは学習障害があるんじゃないかと思いました。

 

●大人になっても「マグネット・オーロラ スーパーバンド 一番星」を頻繁に身に着けている

そして極めつけはこれ☟

「マグネット・オーロラ スーパーバンド 一番星」

これを巻いていれば頭が良くなるとかいう、眉唾物のバンドです😅

バンドについてはこちらをチェック☟

マグネット・オーロラスーパーバンド一番星 #ちむどんアイテム|NHK連続テレビ小説『ちむどんどん』

 

ニーニーは子供の頃に母親にねだって買ってもらったものなんですが、その後ニーニーはこれを肌身離さず身に着けていたんですね。

知人に招待された高級レストランに行く際にも着けていたのは驚きましたが、もっと驚いたのは

22歳になる今もなお頻繁に着けている事実😂

これ↑はまさに詐欺被害にあって家出をしようとするニーニー😂

額には使い古したマグネット・オーロラ スーパーバンド 一番星🤣🤣🤣

これは・・・精神的に幼いのか、恥の感覚がないのか😅

それとも自閉症の特性である「こだわり」なのかもしれませんね。

うちの太郎にも必ず身に着けていないと気が済まないアイテムがありますから😅

 

マグネット・オーロラ スーパーバンド 一番を巻いている22歳の姿を見たその瞬間、私は確信しましたね。

ニーニーはやっぱり発達障害だよね、と。

 

もしも「実は発達障害です」とカミングアウトしたら許されるのか?

出典:イラストAC

もしもこの先「ちむどんどん」の中で、ニーニーは実は発達障害だったということが明らかになったとしたら。

あ、仮説ですよ、あくまでも仮説😅

そうしたら、Twitter界隈で激怒している人たちもニーニーや母親に同情してくれたりするのかな。

このイラッとすらするトラブルの数々にも、「発達障害なら仕方ないよね」と思ってくれるのだろうか。

ニーニーの言動を許してくれるんだろうか。

私自身はニーニーのことを発達障害じゃないのかな、と思いながら見ているので、Twitterでニーニーを非難している発言を見かけると、障害をカミングアウトしていない、もしくは自分の障害に気づいていない大人の発達障害の人はこんな感じなのかな?と思ってしまうんです。

かといって、カミングアウトしたからって、仕方ないなで許されるものなのだろうかとも思うんですよね(゚з゚)

 

これってドラマの中の話だけではなく、現実世界でも感じることなんですけどね。

TwitterなどのSNSやブログ等で発達障害の子供の事を書いている人はとても多いですが、その中でなんというか、とても不快感を感じる文章を書く方が稀にですが見かけます。

私はそういう人は親御さん自身も実は発達障害なんじゃないの?と思ってしまうことがあるんです。

人(読み手)の気持ちがわからないから、不快だと思われるとは気づかずに、自分の書きたいことだけを書く。

批判的なコメントを山ほどもらっても、「相手が悪い」と思い、自分の言動を振り返ることはしない。

そのため、その人を批判する人がどんどん増えていく。

それがもしですよ、その人が「実は私も発達障害でした」とカミングアウトしたら、「じゃあ仕方がないよね」って許せるものなんでしょうか?

私は「仕方ないな」とは思うけど、不快感は拭えませんね。

だって自覚があるのに開き直って何の対策もしていないということですものね。

 

ご自身も発達障害で、発達障害のお子さんの事をSNSやブログに書いている方は結構いますけど、そのほとんどの方が読んでいて不快に感じるような文章を書いたりはしていません。

むしろご自身の「よくない」と思うところを自覚していて、そこを出さないように配慮しながら、言葉を選びながら文章を書いているな、と感じます。

障害があっても、それが理由で嫌われるわけではないんだなと思うんです。

結局は障害の有無ではなく人柄なのかなと。

 

そういう意味では障害があっても何のフォローもなく大人になってしまった人の人生はいばらの道なのかな、とも感じます。

「ちむどんどん」のニーニーが果たして本当に発達障害なのかはわかりませんが、子供の頃からなんらかのフォローがあれば、少しは違っていたのではと思わずにはいられません。

 

発達障害だとわかっていても、不快なものは不快。

学校の先生や福祉施設の支援者の方に対しても開き直ることなく、「発達障害だから」を言い訳にせず、問題行動に関しては一つでも改善できるようにしていかないとな・・・なんて思いました😅

 

☆お知らせ☆

「にほんブログ村」のランキングにも参加しています!

ブログ更新の励みになりますので、よろしければ下記バナーをポチッといただけると嬉しいです🎵

にほんブログ村 子育てブログ

 

稲倉サナの玉虫色 発達障害児日記 - にほんブログ村

「ちむどんどん」のニーニーは発達障害だったら許されるのか?” に対して11件のコメントがあります。

  1. あきこ より:

    こんにちは。ゆるりんです。今、気がついて遅めのコメントです。ニーニしょうもない人だなと思って見ていたけど、発達障害かもとは思っていなかったです。朝ドラで迷惑かける兄弟がいて、主人公が頑張るって話が定番なので、そんなものかなと思って見ていました。そう思って見ると発達障害に感じますね。最新では暢子の財布から金とって賭け事して負けるとか、成人になってやることではない。ずっと同じヘアバンドしているって肌に悪そう。拘りに見えますね。でも、このドラマ自体が借金を軽く考えているし、主人公の暢子でさえ図々しくガサツなキャラで描かれていて、脚本家がダメな感じがします。脚本家が色々深く考えて書いているのか疑問です。演出もコック姿で髪型がそのまま。結べばいいのに。カムカムがすごくよかったので、ちむどんどん見ていると突っ込み所だらけだなと思って見ています。

    1. 稲倉サナ より:

      ニーニーのどうしようもない問題行動は悪意を持ってやっていることではないのにTwitter界隈では「クズ男」と呼ばれていて悲しい気持ちになります。
      お財布からお金を取って競馬をしたのも、「お金を借りて競馬で増やして返せばwin-win」くらいに思ってやっているんですよね。
      負けてお金をすってしまうというイメージができないんだと思います。
      そして今まではニーニーの陰に隠れて目立たなかったけど、暢子も何かしら持っていると思います。
      こちらは人に迷惑をかけるレベルではないけど、視聴者をイラつかせていてこれまた悲しい気持ちになります(´・ω・`)
      朝からストレスがたまるドラマではありますよね。
      どういう意図で作っているのかとても気になります。

  2. 稲倉サナ より:

    12日の放送では、ニーニーが暢子に「謝りたいと思っていたけど、お前が寝てたから言えなかった」というシーン。

    ニーニーが暢子に「寝てるのか?」と聞いたら「寝てる」と答えるんですが(答えた時点で寝てないし)、ニーニーは暢子が寝ていると思ったから話しかけられなかったと本気で思っていた様子。
    これは「表面的な言葉を信じてしまう発達障害の特性」なのか?
    もしかしてこれは伏線だったりするのか?などと邪推してしまいました(;’∀’)

    1. z1974 より:

      朝ドラ、チラッと見れました。なんかニイニイがボクシングで稼いでましたね。指導してた具志堅さんが良かったのかなあ。

      1. 稲倉サナ より:

        ボクシングのファイトマネーで一家は救われていましたね(;’∀’)
        あまりの急展開にTwitterはさらに荒れていました…。
        来週の予告をチラッと見てみたんですが、暢子は東京でまたニーニーに迷惑をかけられるみたいです(;’∀’)

  3. z1974 より:

    ちむどんどん、しばらく見れなかったら、そんな展開に。朝ドラの兄、なんか似た感じの人多いような。カムカムでも、元は兄がお金持ち去り無ければ〜。ドラマだから、話が転がるのに必要なのかな。 我が家でこのドラマ見ていて話題となったのは、主人公の家の造りです。沖縄ですが、扉とか壁が少ない!これで過ごしていて大丈夫?夜は閉めてる? ちょっと心配になりました。

    1. 稲倉サナ より:

      そうなんです~。・゚・(ノД`)・゚・。
      兄の素行についてTwitterで叩かれているのを見ると悲しい気持ちになります。
      チム兄の方は本人は悪気がないので、その点はカムカム兄とは違うんですけどね。
      悪気がないのにやってしまうので、発達障害なんじゃないかな~と。
      家の造りは話題になっていましたね。
      外国のリゾート地にあるコテージみたいで素敵だなぁと思って見ていますが。
      Twitterでも話題になっていましたが、あの造りは台風に強い設計なんだとか。
      貴重品とかどうしているんだろうとか、謎が多いですよね。
      女性ばっかりだと夜這いとか大丈夫なんだろうかとか(;’∀’)

  4. 森の中から より:

    それができればと思ってしまいました。双極性感情障害と発達障害で、辛いことは毎日で。努力しても、外出したら、何か起こる、これで何もかも崩れてしまう。そして、療養中です。もう、何もかも諦めています。それは、開き直りですか?

    1. 稲倉サナ より:

      開き直りではないと思います。
      森の中からさんはご自身の中でじゅうぶん努力されているし、されたうえでの療養中であることはTwitterやコメントでお話を伺うだけでも十分伝わっていますよ。
      そして森の中からさんのTwitterはいつも拝見していますが、私は好印象だと感じながら読ませていただいてます(^^)
      森の中からさんの文章から感じられるお人柄は、決して不快感を感じるものではありません。
      そして私が書いた最後の事ですが、うちの太郎は現在も多動・他害があり、学校やデイで迷惑行為をしてしまうことがあります。
      皆さん「発達障害だから仕方ない」と思ってくださっています。
      でも「全然気にしない!」「もっとやってくれてもいいよ」と思っているわけではなく、私は「仕方がない」と思ってくださっていることに甘えてしまっていますが、この先グループホームや施設に入った際、親の目が届かない場所でも「仕方がない」と笑って対処してもらえるかどうか。
      発達障害でできない事があるということと、他人を不快にさせるという事は別ものだと思っています。
      できなくて支援の手を借りることは全く問題ないですし、支援がなければ生きていけないのですから、そこは申し訳ないなどとは思わず、私も積極的に手を借りていこうと思っています。
      ただ、太郎が時折他人を不快にさせる行為を行っていることは否めず、その点に関しては将来、施設で虐待を受けたりすることのないよう、今のうちから対策を考えていきたいと思っています。
      誤解を感じさせる表現になってしまったことをお詫びします。

      1. 森の中から より:

        いえいえ、サナさんの日常やこれからの生活等は、ブログでも垣間見えないことはあるのは承知ですので、謝罪とか不要です。あと、好印象とかいやええと…。

        1. 稲倉サナ より:

          好印象かどうか、気になりませんか?
          私はすごく気になります(;’∀’)
          うちは太郎が発達障害だし、親族にもちらほらいるので、自分自身ももしかしたらと思うんです。
          そのせいかリアルの友達が本当に少なくて(;’∀’)
          なので、ブログを書く時も読む人にどんなふうに思われるかすごく気になるというか、正直怖いところもあります。
          全員に気に入ってもらえる文章が書けるわけがないのはわかっていますが、それでもできるだけ不快に思われたくないので、森の中からさんのように感じたことを率直にコメントしていただけるのは大変ありがたいです(^^)
          今後ともどうぞよろしくお願いいたします

コメントを残す