言葉が話せない重度知的障害児のトイレトレーニング日記④

前回までの日記はこちら☟

言葉が話せない重度知的障害児のトイレトレーニング日記①

言葉が話せない重度知的障害児のトイレトレーニング日記②

言葉が話せない重度知的障害児のトイレトレーニング日記③

 

7月3日

幼稚園でトイトレをお願いするにあたり、まずは自宅で絵カードを使ってのトイトレを試してみることにした。

自宅なら「トイレカード」1枚あればじゅうぶんだけど、幼稚園ではうんちおっしっこの区別がついた方がきっといいに決まってる。

男子は小便器で立ちションできるようになればおそらくすぐに1人でトイレに行けるようになるはず。

ゆくゆくは先生にはうんちの時だけ付き添ってもらえばいい。

ということで、まずは自宅のリビングルームの壁に、おしっこカードうんちカードを貼り付けてみた。

現在はトイレに行きたくなったら太郎は私の腕をつかんで無言でトイレの方向を指ささせる(自分で指差しできないためクレーン現象😂)…ということで慣れていたけれども、これからはおしっこに行きたくなったら壁からおしっこカードを取って母(私)に提示する。うんちに行きたくなったらうんちカードを提示する、という運用にチェンジすることにしたのだ。

最初はすぐに私の腕をつかんでトイレに行こうとしていた太郎も、何度かカードを取るように促しているうちに、形だけはなんとか絵カードの運用ができるようになってきた。

毎回声かけないとすぐに忘れるからとてつもなく面倒だけど😂

なんとなくではあるけど形になってきたということで、幼稚園でも絵カードでのトイトレをお願いすることにしてみた。

教室の壁の見やすい場所にうんちカードとおしっこカードを貼ってもらい、太郎が行きたくなったら先生に提示、先生と一緒にトイレへ。

幼稚園では相変わらずオムツを履かせていたので、絵カード導入当初は気が付いたらオムツでおしっこをしてしまうことも多々あったものの、2~3日のうちに絵カードでのトイトレが成功!

降園時に担任の先生が満面の笑みを浮かべて「太郎くん、トイレでおしっこできましたよ!」と言いながら迎えてくれたときは、涙があふれて止まらなかったな。

先生も涙ぐんでいて、年少からお世話になること1年ちょっとのあいだ、本当に先生には迷惑をかけっぱなしだったのに、こんなふうに一緒に喜んでくれて、泣いてくれて、太郎も私もなんて幸せ者なんだ😂

 

7月10日

あれから1週間。

オムツをしていないとき(つまり自宅)は、うんちおしっこともに自分からトイレに誘ってくれるようになった。

幼稚園ではオムツを履かせていたので、オムツで用を足してしまうこともあったけど😅

トイレでおしっこできる回数がどんどん増えてきたと先生が言っていたので、かなり順調にトイトレがすすんでいると実感。

オムツを履いていても失敗しなくなってきたので思い切ってオムツを外してみるか?とも考えた。

でも、やっぱり幼稚園では迷惑をかけたくないという気持ちと、自宅でもお風呂の後に汚されるのは嫌すぎる😂という気持ちもあり、幼稚園では完全にオムツ、自宅では入浴後~朝のトイレの時間まではオムツ。

だってさ。

オムツの安心感半端ないんだもの😂

オムツに依存しているのは太郎よりもむしろ私の方かもしれない。

 

7月24日

初めてトイレでおしっこができてから約1か月。

そろそろ機は熟したのかもしれない。

オムツを外してみようか🖐️

夏休みに入ったので幼稚園はお休みだし…ということで、就寝時以外は布パンツで過ごすことを決意。

朝起きたらすぐに布パンツに履き替え、夜のオムツはお風呂の後ではなく寝る直前に履き替えさせることに。

本当は就寝時ももう外してしまっていいような気がするけど(もともとオムツでおしっこしていたのは就寝時というより朝目覚めて意識が戻ってすぐやっていた模様)、万が一失敗したときのダメージは計り知れず😂

とりあえず日中のオムツ外しのみ決行!

それまでは外出する際はオムツに履き替えていたから、布パンツのまま外に出ていくことのプレッシャーときたら😂

これは想像以上に怖い。

外で漏らされたどうしようと思うと本当に怖いけど、これは誰もが通る道なんだと自分を鼓舞し、いざ出陣🤪

しかし

やっぱり漏らしましたあ🤪

移動中の車の中で漏らしましたあ😭

いや、それも致し方ないのかもしれない。

だってこれまでは外出するときは必ずオムツを履いていたからね。

車に乗っていて近くにトイレがない、だったらオムツでおしっこしちゃえ!…みたいな考えだったんだと思う。

だからか、太郎はちょろっと漏らしてしまった直後に、おしっこを漏らしてしまったことを私に伝えてキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

すぐにトイレに連れていくと、続きはちゃんとトイレでやってるし。

漏らした量はごく最小限だとわかり、ほっとするとともに太郎の成長に喜びを感じる私😭😭😭

おもらしもオムツを履いていると勘違いしての行為だったということが判明し、その後も外出先ではなんどか失敗することもあったものの、その回数も徐々に減っていき。

ついにオムツ外しも最終章。

夏休み明けには先生にいい報告ができるといいな。

 

日記の続きは⑤にて。次回は感動の最終回!

しばしお待ちください(‘ω’)ノ

 

☆お知らせ☆

「にほんブログ村」のランキングにも参加しています!

ブログ更新の励みになりますので、よろしければ下記バナーをポチッといただけると嬉しいです🎵

にほんブログ村 子育てブログ

 

稲倉サナの玉虫色 発達障害児日記 - にほんブログ村

言葉が話せない重度知的障害児のトイレトレーニング日記④” に対して4件のコメントがあります。

  1. ママリンコ より:

    我が家にトイプードルが来ました。
    突然です。私もびっくり!!(゜ロ゜ノ)ノ
    主人の仕事帰り、
    主「ここってペットショップ?」
    私「せやで」
    主「寄って」
    私「えっ??Uターンするけど、いいの?」
    主「うん」
    ペットショップ到着。
    私「先に行って見ておいで。私すぐに行くから」
    前々から犬欲しいって言ってたけど…。見るだけだろうな。
    お店に入る。
    私「あっ!!昔飼っていたドーベルマンのミニチュアもいるやん。」
    主「せやねん。めっちゃ可愛い」
    この子やったら、良いかも…。
    主「この子今日家に連れて帰れる?」
    店「はい。大丈夫です」
    私「えっ!!えっ??この子?なんで?ドーベルマンのミニチュアじゃないの?」
    主「この子がええねん。連れて帰らなきゃあかんねん。」
    なんか、なんか、運命やったのだろうか?
    めっちゃ吠えないし、おとなしいし、そろそろ6カ月。なんか?原因があるのかなぁー?
    -続く-
    笑笑

    1. 稲倉サナ より:

      えええ( ゚д゚)
      結局トイプードルをお迎えしたんですか??
      吠えなくて大人しい子、うらやましいです~(^^)
      太郎が大変すぎるのでペットを飼おうと思ったことがないんですが、こういう話を聞くと飼いたい欲が高まります。
      続き楽しみにしてますー!

  2. こー より:

    こんにちは
    引っ張りますね(^o^)
    楽しみ。

    1. 稲倉サナ より:

      発掘した日記には私自身も忘れ去っていたエピソードがいっぱいでして
      じっくりかみ砕きつつブログを書いています。
      さすがに次回で完結するつもりです( ̄▽ ̄)

コメントを残す