WEBライターのお仕事は「やりがい搾取」

出典:イラストAC

確定申告しなきゃ!と思いつつ、今年はGoogleアドセンスの収入を申告しなきゃと思うと面倒で、重い腰がなかなかあがりません😅

それはそうと、昨日は平野歩夢選手の金メダルに勇気をもらいました😂

私は一人で海外のスキー場に滑りに行ったこともあるほど若い頃はスノボが好きでした。

それゆえ、平野選手のことは15歳の頃からずっと気になって応援し続けていたのですが、前回のオリンピックも金メダルを期待されながらの銀メダル、今回も会心の滑りであった2回目でも2位。

努力は報われないのか?と意気消沈するような場面でも平野選手は諦めませんでしたよね。

むしろ怒りを闘志に変えて、2回目以上の滑りを見せて堂々の金メダル。

いつもクールな平野選手ですが、陰ではきっと苦しい練習を続けてきたのだと思います。

努力は報われるんだなあ、よし、私もがんばろう!

・・・と思うものの、喜びは束の間、なんだか気分が晴れません😔

ブログ界隈では楽して楽しく生きようぜ!みたいな人の方が支持される傾向もありますし、真面目に時間をかけて書く長文よりも、5分くらいで書けそうな炎上ネタを投稿している人の方が、私なんかよりもずっとずっと稼いでいる。

そういうのを見るとなんだか虚しくもあり、資格を取るための勉強も単なる自己満足で、こんなことをやっていても何になるのかな、なんて思考がネガティブな方向に向かっていきます。

それもこれも、最近仕事(在宅ワーク、WEBライターのお仕事です)でモヤっとすることがあったからなんです。

 

1本500円ってどんだけー

 

出典:pixabay

以前、仕事については何度か書いたことがありましたが、私は在宅でWEBの記事を書くライターのお仕事をやっています。

仕事ってなんだかな

重度知的障害を伴う自閉症の長男・太郎は、一人通学や一人での外出、留守番をさせることができません。

そのため私が外に働きに出ることは難しく、現在も在宅ワークを続けています。

上記の記事の頃にやっていたボランティアか!というほど低賃金の仕事は現在はやっていません。

現在はA社、C社からお仕事をいただいていて、時給換算すると1000円くらいなのでなかなか悪くないな、とは思います。

WEBライターの報酬は時給換算すると100円くらいにしかならないような仕事もあるくらいですから😂

でも私の現在の収入、月額3万円程度ですよ…。

もしもライターの仕事だけで月に10万円稼ごうと思ったら1日5時間×20日間、つまりおおよそ平日は毎日5時間働いて、やっと10万円です。

平日5時間ってね、私が太郎を学校に送ってから帰宅して、また迎えに学校に向かうまでの時間が5時間ですよ、まさに。

つまり太郎が学校に行っている間ずっとお昼ご飯も食べず休憩もせず買い物も家事もしないで、ただひたすら働く。

平日毎日働いて10万円。

うちは太郎が多動なので、買い物はできれば学校に行っている間にやりたいし、家事も学校に行っている間にある程度は済ませたい。

なので無理ですよね、月10万円というのは。

時給換算1000円は悪くないと思うけど、ここから税金は引かれるし、社会保険などのオプションも無い😌

 

私がこの仕事を始めてからもう20年近く経ちますが、20年前はライターの報酬はかなり高かったんですよ。

当時は紙媒体(雑誌など)が主で、WEBライターなどというものは存在自体がなかった時代。

文字量にもよりますが、雑誌1ページ書いて5000円~1万円くらいはもらっていましたね。2時間くらいで書けていたので、時給換算すると2500円~5000円。

取材のある仕事だともっと単価もよくて、当時はライターの仕事だけで年収300万円くらい稼いでいました。

ところが年を追うごとに単価がどんどん下がっていって、仕事の大半が紙媒体ではなくWEBにとって代わる頃には、仕事の依頼自体もとても少なくなりました。

一般人(ライターを生業としていない方)が片手間にライターをするようになったからです。

現在、アメブロなどを見ていても思いますが、一般の方も文章がとても上手ですよね。

WEBライターの需要が高まるにつれて、専業主婦や副業としてWEBの記事を書く方が増え、供給が多いことでますます報酬は下落の一途をたどっていきました。

 

それでも私は時給換算して1000円になるなら悪くない仕事だと思っていますが、先日C社の編集者か「別の仕事をやってみないか?」という連絡があったんです。

その仕事はいわば、現在私がやっている仕事からステップアップしたものであり、私の仕事ぶりが認められ、さらに上の仕事をやってみないか?という流れだったんです。

そこだけ聞くと「やったね!」「すごい!」と思うじゃないですか?

私も悪い気はしなかったですよ。

けれども、C社のその仕事をやるようになってからまだ数か月余りなので、嬉しい気持ちよりも不安の方が大きかったですね。

今やっている仕事よりも責任も重くなりますし。

それでも報酬が良ければ、頑張ってやっていこう、という気持ちになれるかも。

そう思って「ちなみに報酬はいくらですか?」って聞いてみたんですよ。

そしたらなんと

1本500円ってな😂

え?500円?

500円って、小学生のお小遣いかよ😂

多分その仕事、私がやると1時間はかかると思うんですよ。

1時間でできれば御の字。ってことは時給500円ですよ…。

これってさあ、

やりがい搾取ですよね?

この仕事もそうだし、ライターの仕事がそもそもそうなんですけど、

単純作業と比べると、この仕事面白いでしょ?

やりがいあるでしょ?

って思われてるところがあって、やりがいあるから報酬は低くてもいいでしょ?

「好き」を仕事にしているんだから。

 

確かにそういう面はある。

でも、この業界、確実に最下層(ライターはヒエラルキーの最底辺です😂)が搾取されている感があって、これまでは確かに「やりがい」でなんとか堪えられてきたものの、そろそろ限界に近づいてきたな、と思わずにはいられないんです。

この500円事件で、私の中の何かがプツンと切れた気がしました。

 

在宅ワークに限界を感じる今日この頃

出典:pixabay

ライターになろうと思って、クラウドワークスあたりのサイトで検索したことがある方ならご存じかと思いますが、WEBライターの仕事は1文字0.1円などの仕事もザラで、よく見かけるようなWEBの記事は1本500円ほどで書いている人も少なくないと思います。

この業界、コネがないと本当にボランティア価格なんです😌

コネがあっても、クライアントのつかない仕事は単価が安いですね。

WEBの記事は同じように見えても、純粋な記事とクライアント(広告主)が付いている記事風広告と2種類あるんですよ。

クライアントが付いていない、純粋な記事の方はGoogleアドセンスやアフィリエイト広告が収入源なので、私が書いているこのブログと同じ仕組みですね。

記事を閲覧した人がアフィリエイトを踏むか広告を踏むかすると、そのブログを運営している会社の収入になるんですよ。

ただ、アフィリエイトや広告の収入はアクセス数によってピンキリなんです。

たとえばアメブロあたりは1日のアクセス数はとてつもなく多いはずで、Googleアドセンスの収入だけでも結構な額をサイバーエージェントは儲けていると思うんですよ。

一方で、名もなき小さな企業が運営するサイトはアクセス数は知れていると思うので、そこのサイトで記事を書いてもライターとしての報酬は少ないでしょうね。

私が以前やっていたB社がそんな感じでした。アフィリエイトをバンバン貼ってましたね。というか、アフィリエイト付きの記事をたくさん書かされました😅

一方で今私がやっているA社C社の仕事は記事1本ごとに1社クライアント(広告主)がついています。

これは雑誌の裏表紙の広告とか、テレビのCMとかと同じで、その記事1本に対して広告主がバーンと広告料を支払っているわけです。それも結構多額の。

そのため、クライアントのつかない記事に比べるとライティング料金が高めの設定であることが多いですね。

それでも私ら末端のライターに支払われる報酬は微々たるものですが😗

 

ライターの仕事もたくさん入れすぎると家事・育児がひっ迫するから、これ以上は増やしたくない。

ブログ収入(GoogleアドセンスとAmazonアソシエイト)はというと、私はアフィリエイトはあまり積極的にやりたい感がしないので、Amazonからの収入は累計2000円程度という驚きの低収入😂

これ、月額2000円じゃないですよ。トータル、これまでの収益の総額です🤣

Googleアドセンスの方は少しはマシですが、それでも毎月平均5000円ほどです。

私にはブログ運営の才覚はないようです😂

もうね。

なんとなく最近、努力のしどころというか、方向性が間違っていたかな、と思うようになってきました。

ちょっと、ブログだとか在宅ワークで儲けようという方向性は軌道修正しようかなと。

もう私もいい歳なんで、子育てと仕事と生活に追われて苦しいばかりの毎日から脱却したいな、と。

 

ということで、やりがい搾取の仕事はもう、徐々にフェイドアウトしようかと思っています🚶‍♀️

 

☆お知らせ☆

「にほんブログ村」のランキングにも参加しています!

ブログ更新の励みになりますので、よろしければ下記バナーをポチッといただけると嬉しいです🎵

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村

WEBライターのお仕事は「やりがい搾取」” に対して10件のコメントがあります。

  1. にゃんこ より:

    頻繁にすみません。
    夜中、私が唯一ホッと出来る時間で、おしゃべりがしたくなって。
    さなさんに甘えてしまっています。
    平野歩夢選手、素敵でしたね。
    私は全く運動が出来ないのですが(恐らく発達障害のため)、見るのは大好き
    NHKだったかBSだったかXゲーム?や世界選手権も気が付いたら録画して見てました。
    久々に見たあゆむくんが大人の男になっていて、良かった。
    ホレませんけどね。
    私はやっぱりキング、ショーンホワイト選手の方が好みです(笑)
    ライターのお仕事、素敵ですね。
    羨ましいです。
    私、出版社に入りたかったんですよ。
    でも、高卒だし、頭も足りない、しかも、編集で本を作りたいのではなく、文章を書く方がやりたかった。
    バブルの時に、出版社が新規事業で子会社を立ち上げるという事で求人があったので応募したのですが、採用の連絡が遅くて、別のところに決めてしまっていて泣く泣くお断りしました。
    事業の内容はうろ覚えですが教育関係だったかなぁ。
    出版社という三文字に惹かれて応募したのですが、当然文章なんて書く仕事内容ではなかったはず。
    それでも、業界の側にいたいと思っていました。
    さなさんの分かりやすくまとめられた文章は、やはりママブロガーとは一味違う、本職のお仕事。
    しっかりと下調べされたものを多角的に分析してソートし直してから、目的別に提供されているのを読むと、この記事にどれだけの時間が掛かっているのだろうと目が眩みます。
    だから、同じ素材で何本も記事が出来て、読むたびにさなさんの奥行きの広さを感じています。
    新たな視点からの問いかけに、つい私も自分の考えがフワと湧いてきてしまって。
    一つ楽しみが増えました。
    そうそう私も毎日お酒呑んでました、フフ。
    ビール500ミリ缶を二本くらい。三本の時もありました。
    飲まないとやってられっか、という心境でした。
    それだけが楽しみだった時期が数年続いて。
    五年くらい前にスマホゲームを始めてスパッとやめました。
    今は毎晩、食事の時にノンアル一本飲んでいます。
    今はコロナであまり出掛けられませんが、年に五回はママ友と飲み会で発散してます。
    私にとってお酒は人生の大切なお供。 
    一生側にいて欲しい(笑)

    1. 稲倉サナ より:

      わかりますー(笑)
      私はもともと友達が少ないうえ、コロナ禍で本当に誰にも会わずに引きこもり生活を送り、筆不精(今で言うとLINEでの連絡不精)なこともあって、時折無性に誰かとお喋りしたくなるときがあります。
      ブログのコメント欄を開いておくと、私にとってもお喋りの場となっているので(・∀・)イイ!!と思っています。
      ホワイト選手、かっこよかったですね!
      ラストランも本人は納得いかなかったかもしれないけど、私には王者の滑りに見えました。
      あの年齢まで果敢に攻める姿勢は本当に見習いたいものだと。平野選手の今後にも期待ですね!
      にゃんこさんも出版の世界を目指していた頃があったのですね。
      私はなんとなく書く仕事を続けてきていますが、自分自身ではまだまだ道の途中、もっと勉強せねばと思っています。
      ブログはアメブロからWordPressに引っ越して、1本の記事を書くのにとても時間がかかるようになりました。
      でも自分のサイトに載せるものなので、自分の責任でしっかり書いていかねばという気持ちが大きいです。
      お酒はスマホゲームでやめられたんですね!
      私はスマホゲームは全くやらなくて・・・というのも、やり始めると没頭してスマホ中毒になってしまうのでこちらも危険なのです(゚з゚)
      私にとってもお酒は人生の大切なお供です(^^)/
      なので、飲めなったら大変!程々の量で末永くお付き合いしていこうと思います( ´∀` )

      1. にやんこ より:

        ショーンホワイト選手、本当にカッコ良かったですよね。
        常に攻めの姿勢で。
        あの年まで現役を続けるのが本当に凄いし、出るからには大技を決めなければ意味がないし楽しくないんだろうなぁと。
        歩夢選手の金メダル決定後のハグも年甲斐もなくきゃーって感激でした。
        オリンピックはどの競技も、大人も子供も年齢に関係なく、その人生をかけた最大のパフォーマンスを見せてくれるのが好きです。
        終わってしまったので、BSの再放送でボチボチ楽しむことにします。

        1. 稲倉サナ より:

          人生をかけたパフォーマンスは結果がどうであれ感動的ですよね。
          学ぶことも多いし、単純にエンタメとしても4年に1度のお楽しみです♪

  2. てん より:

    サナさんこんばんは!お久しぶりです。
    アメブロのIDでコメントしていいのかな?とか色々考えてしまってなかなかコメント出来ずにいましたが、サナさんがアメブロを離れてしまってからも、欠かさずブログを拝読していました。

    うまく伝えられるか自信がないのですが、炎上ネタはちょっと刺激的なカラダに悪いけどやめられないお菓子みたいなもので、私にとってサナさんのブログは血となり肉となるごはんであり、何度も読み返したい古典のようなものです。

    悩んでいるママ友にサナさんのブログを紹介したこともあります。(勝手にすみません)
    ママ友はその日のうちに四角いちり紙を買ってきて、「教えてくれてありがとう!」と。
    (どの記事か丸わかりですよね)

    やりがい搾取のお仕事をフェイドアウトした後も、もしよければ気が向いた時だけでもブログを続けて下されば嬉しいです。

    長文失礼しました。サナさんのブログのファンより

    1. 稲倉サナ より:

      てんさん!ありがとうございます!!!
      アメブロの方ではちょくちょく拝見させていただいています(‘ω’)ノ
      伝わっています、うまく伝わっています。
      何度も読み返したいと言っていただき、身に余る光栄です。・゚・(ノД`)・゚・。
      お友達にも紹介していただき感謝です!
      やりがい搾取のお仕事の方は、頑張っていれば条件のいい仕事が回ってくるかな?と思って頑張っていましたが、どうもそう簡単にはいかないようです(;’∀’)
      ブログの方は、「ブログでガッツリ儲けること」は辞めますが、ブログは辞めませんよ(=゚ω゚)ノ
      具体的な話になりますが、ブログで儲けようと思えば、今書いているような長文のブログを「その①その②その③」みたいな感じで、何分割かに分けて書くだけでも収入がUPすることはわかっているんです。でも儲けるために作為的にやりたくないんです。
      儲けたいと思うなら、またアメブロで記事を書いて、こちらのブログに誘導すれば、アクセスUP=収入UPすることもわかっています。でもそれもしたくない。
      アフィリエイトを毎回貼るのも面倒。
      要するにブログで儲けるという行為は私には向いていないんだなと(;’∀’)
      これからは趣味でブログを書きながら不労所得で暮らしたいと企んでいます( ´∀` )
      ですので、てんさん、今後ともどうぞよろしくお願いいたします

  3. z1974 より:

    仕事にはそれに見合う対価が当然必要です。合わなければ合うものを探すわけですが、仕事はお金だけじゃないんですよね。自分の大きな目標達成のために必要なら、低めの対価でも納得出来ます。余りの低さでは困るから、バランスですよね。主婦としては、こちらの都合で休みが取りやすいというのも条件です。あとは、こういう仕事あるかなあ、と周りに声かけしておくと、求人募集より前に教えてくれるかも。サナさんなら、今までの実績ありそうだから、うまく合う条件の仕事に会えるの祈ってます! 

    1. 稲倉サナ より:

      仕事はお金だけじゃない。そしてやりがいだけでもやっていけない。
      バランスですよねー。
      長期休みの子供の世話もネックになるし、抱えているものが多ければ多いほど、身動きがとれなくなるし、選択肢は狭まる。
      でも私は「やりがいがあり、なおかつお金もそこそこ」という仕事をあきらめたくはありません(‘ω’)ノ
      そのために、いろいろチャレンジしていきたいなと思います。
      ボケ防止にもなりそうだし( ̄▽ ̄)

  4. こー より:

    こんにちは
    誰もがもうムリと思うこと有るね(^_^)ガンバ
    回りと比べずサナさんらしい文章で。
    私は好きだし、ためになるよ。

    1. 稲倉サナ より:

      いつもありがとうございます(^^)
      周りと比べるといい事ないな、とは思いますね(;’∀’)
      文章を書くことが好きなので、これからも自分の書きたいものを書いていこうと思っています!

コメントを残す