障害児の世界にもイジメはある

出典:pixabay

 

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

 

最近、知り合いのお子さんがイジメにあっている、という話を聞きました。

イジメ、というと言いすぎかもしれない。

その知り合いのお子さんというのは、自閉症です。

からかわれているらしいんですよね。

自閉症のお友達複数人から。

 

知り合いのお子さんは中学生で、特別支援学級に通っているんですが、

軽度~中度の知的障害があり、コミュニケーションが苦手で、いつも1人で過ごしているそうです。

同じクラスには知的にはほとんど遅れのない自閉症の男の子が数名いるらしいんですが、

彼はその子たちから何度となくからかわれているそうです。

そのことは本人というよりは先生が気がついて、対処してくださったようです。

 

が。

 

この手の話、氷山の一角というか、結構聞くんですよね。

 

障害児はピュアだとかいう話、よく耳にしますが

 

確かに知的に遅れのある子にその傾向はあると思います。

知的に遅れがある=精神的に幼い

とでもいうんでしょうかね。

まあ、あまり悪いことは考えられないし、考えても自分からバラしてしまったり(;’∀’)

 

もちろんそれも全員が全員というわけではありませんが。

 

でも、知的に遅れがなかったり、軽度の障害だったりする場合、

障害児だからピュア、というのは必ずしも当てはまらないと思います。

 

思うんですが、障害があってもなくても、

障害児でも健常児でも

結局は環境とか、親の育て方、関わり方って

性格の形成にとても重要な関わりがあると思うんですよね。

 

確かに発達障害の子は、

他人の気持ちを察することができず、

相手が嫌がることを平気で言ってしまったり、やってしまったりすることってあると思います。

 

これは特性なので、親の育て方とか躾だけの話では片づけられません。

 

でも。

 

特性だから仕方ないでしょ?

 

と開き直り、子供にたしなめることもせず、

子供のやりたい放題言いたい放題、放置しておいたケースと。

 

特性でも言い聞かせてやめさせるべき。

 

と、子供が問題行動を起こすたびに、

根気強く言い聞かせてきたケースと。

 

結果、同じになると思いますか?

 

私はならないと思います。

 

問題行動がとても多いのに親は放置。

 

学校も普通級に入れたがために、学校側も見てみぬふり。

 

そうして育ってきた子供が、将来どうなってしまうかは、想像に難くありません。

 

うちの学校でも似たようなことがありますよ。

 

女の子で、

重度知的障害のある子と、

軽度知的障害のある子が同じクラスなんですが

 

軽度の子は重度の子をまるで赤ちゃんのように扱っているんですよね。

 

頼んでもいないのにあれこれお世話をやくわけです。

私がお世話してあげないとこの子は何もできないんだから、と。

 

マウントをとっているわけですよ、障害児の世界の中で。

 

重度の子は「やめて」と声をあげることすらできず、なすがままでいるものの

あれこれ触られたり関わられるのが苦手なために、

相当ストレスを抱えているようです。

 

これはイジメとは違いますが、軽度の子の親は娘のことは学校に丸投げ、世間に丸投げタイプの親なんですよね。

 

質の悪いことにその親ときたら

自分の娘はできない子のお世話をしてあげる優しい子だと、勘違いしているようです(‘A`)

 

ちょっとここには書きませんけど、

胸糞悪くなるような、イジメの話もあるんですよ。

 

ターゲットは自分がイジメられていると気がつかないタイプ

うちみたいな重い障害を抱えている子です。

 

親や先生に報告できないので、やりたい放題だったみたいです。

 

加害者の母親はフルタイムで働く多忙な人で、子供のことはネグレクト気味だったようです。

 

怖いですよね。

被害者になるのも怖いけど、

自分の子が加害者になるのももっと怖い。

 

じゃあ、自分の子供が、こういうイジメの加害者にならないようにするには、どうすればいいのでしょうか?

 

それはやはり、子供の言動に日々アンテナを張っておいて、

問題のある言動が出たときは、無駄だとか思わずに、きちんと注意をする。

 

当たり前のことですが、大事なことです。

 

発達障害の子は、なかなか注意しても聞き入
れてくれないことも多く、無力感を感じることもあるかもしれません。

 

そういうときは、

できるだけ問題行動を起こす環境を作らない、ということも大切だと思います。

 

今日見かけたブログなんですが。

 

家族5人で外食に行った先で、自閉症の子供が毎回必ず「家族のうち1人だけ、別のテーブルで食べるように」と指示するのだと。

もちろん別テーブルで食べるのは自分以外の誰かです。

 

つまり、2つのテーブルに分かれて座ることになるのですが、

 

しかも、その1人は視界に入らない場所に座るように、なんですと( ゚д゚)

 

その1人というのは毎回違うメンバーが選ばれるらしいのですが、

たいてい外される人は決まっているのだとか。

 

私これを読んでものすごくモヤッとしたんです。だって

 

これってもはや

イジメですよね?

 

典型的なイジメのパターンですよ。

 

女子のグループのなかでよく聞く話です。

ボス的存在の女子がいて、いつも日替わりで1人をハブいている、っていうやつ。

もしもうちの子が外食先でそんなことをしようものなら、

外食には行きません

 

そんなイジメの温床となるようなことを

かわいい我が子にさせるわけにはいかないですから。

 

特性だから仕方ない?

そんなこたーない!

 

外食に行くのは義務ですか?

 

違いますよね。

 

注意してもきかない子供なんだったら、

そういう問題の元となる行動をさせなければいい=外食に行かなければいいだけの話✋

 

こういう問題行動に対して、

子供の言いなりになってやらせておくことが

将来的に見て子供のためになるとは思いません。

たしかに自閉症ですから、言っても聞いてくれないというのはわかります。

 

だから、

外食に行かなきゃいいだけの話。

 

そして

自閉症だからといって、躾まで放棄するのは違うと思います。

障害児の世界にもイジメはある” に対して50件のコメントがあります。

  1. 稲倉サナ より:

    >ショコラさん
    なんてことないです!ノープロブレムです!

  2. 稲倉サナ より:

    >ショコラさん
    大丈夫です(^^)/
    2回目にお送りいただいたコメントの方は削除しておきますね!
    嬉しい内容なので2回とも載せたいくらいでしたが(笑)

  3. ショコラ より:

    サナさん
    私、ダブルで投稿してしまったかもしれません。
    度々申し訳ありません。

  4. 稲倉サナ より:

    >uruwasinotamudokuさん
    ありがとうございます(^^)

  5. すごく共感‼️

  6. 稲倉サナ より:

    >まるママさん
    あと、追記です。
    その、無理やり食べさせられた、という件ですが、どうやらそのブロガーさんの勘違いだったようで、学校側には何の落ち度もなかったそうです。なんの謝罪もしていませんでしたけど。
    あれは公開処刑、イジメ、のほかにも誹謗中傷にもあたる行為かと。

  7. 稲倉サナ より:

    >どんさん
    フォローありがとうございます(^^)

  8. 稲倉サナ より:

    >Mayumiさん
    コメントありがとうございます(*'ω'*)
    支援施設でもある話ですよね。
    人間の本能なのだと思います。それをしないでいられるのは理性の部分で、大人はその理性の部分を教えていかなければならないのだと思います。

  9. 稲倉サナ より:

    >まるママさん
    コメントありがとうございます。
    公開批判?イジメに似た構図?
    そうなんですね。
    ちなみに私は名ざしにはしていませんけどね。
    私のやっていることは、その例に出したあるブロガーさんがブログでやっているやり口をそのまま真似させていただいただけです。
    そのブロガーさんは以前、学校の教育方針で吐くほど嫌いなものを無理やり食べさせられたとブログ上で学校の先生を公開処刑していらっしゃいましたよ。
    その記事を見た多数のフォロワーと、ネットニュースを見た一般の人々のほとんどが「虐待だ」と炎上していました。
    これは、フォロワーを使ったイジメとは違うんでしょうか?
    そのブロガーさんはしょっちゅう公開批判(公開処刑ですよねもはや)されていますよ、関わった方をことごとく。
    先日は病院のソーシャルワーカーさんを「知識がない」だの「時間の無駄」だの公開処刑していらっしゃいましたよね。
    どちらも本人が見たらどう思うんでしょう?
    酷いコメントもたくさん入っていましたよね。あなたの理論では、これはイジメではないですか?
    ちなみに私はそのブロガーさんにコメントを書いたことがありますが、削除されました。
    気に入らないコメントは全て削除されているようですよ?なおかつ、言いたいことがあるなら自分のSNSで書け、と書いてあったので、私は自分のブログで書いていますが何か?

  10. どん より:

    >まるママさん
    名指し?サナさんは名指しはしていませんよ。どなたですか?

  11. Mayumi より:

    はじめまして。
    私も発達障害をもつ娘がいます。
    今年から高校生になっていて、特別支援学校に行っています。
    サナさんが言われる通り、イジメと思われる様な事は学校もだけど、支線施設内でもあると思います。
    ピュアで傷つきやすい一面と、言われてる通り…親の育て方をピュアに受け取り、そのままの言葉遣いもしたりします。
    親が使っている言葉=使ってイイ言葉として、お友達にもついつい言ってしまう。
    これは、本当に、発達障害があるからとかないからとかじゃないと思います。
    想いを伝える言葉ってとっても大事ですよね。
    私も気をつけなきゃって思いました。

  12. まるママ より:

    偶然名指しされてる方のブログを読みましたが、いろんなことを学んで親も子供も成長していくのでは?
    障害もみんな程度も違うし学びのスピードも違います。
    もちろん接し方も変わってくるし、どれが正解かもみんな手探りで育児していると思います。
    あなたがなさっていることは大勢の方が見るご自身のブログでの他人への公開批判ですよ。
    イジメと似た構図じゃないですか
    物申したい事があるなら、直接ブログ主にメッセージを送ればいいのでは?
    イジメのブログ内容に他のブロガーさん
    を絡める必要もないと思います。
    重度知的障害を持つ自閉症の母より

  13. 稲倉サナ より:

    >ぐうたらママさん
    コメントありがとうございます(*'ω'*)
    たとえ家族であっても、見ていて気持ちのいいものではないですよね。私は自分の子供がそんな酷いことを言うところを見たくないです。

  14. 私も同じブログ読みました。
    なんとも言えない嫌悪感。
    そうだ、コレってイジメやん!!
    サナさんのアンサーでしっくりきました!!

  15. 稲倉サナ より:

    >chamamaさん
    コメントありがとうございます。
    そうなんですよね、そういった感情に健常も障害もないんだ、と思います。
    うちの太郎にだってあります。ただ知的障害が重いのでそれをやるだけの知恵もないのですが(;'∀')
    なんでもかんでも「特性」で片づけるのは本当に危険だと思います。
    もちろん特性があるから教えるのにとても時間がかかりますが、躾を放棄すると将来大変なことになるので、我慢強く、一つ一つ教えていくしかないですよね。

  16. 稲倉サナ より:

    >なおすけさん
    コメントありがとうございます。
    障害児であっても、やってはいけない事は理解しています。「何故」やってはいけないのか?ということは理解できなかったとしても。
    なので、繰り返し言い聞かせていけば、問題行動は減っていきます。
    何もせずに諦め嘆くのは怠慢かと。
    本当に、これは健常、障害、関係ないことだと思います。

  17. chamama より:

    こんにちは。
    そう!そう!と 思いました。
    障害児はピュア!って 大人の願望と幻想のような気がするんですよね。
    もちろん そういう子もいますけど…。
    私も子供を通して見てきましたが
    障害児でも嫉妬や妬みの感情はあるし
    それを行動にする子も 一定数いますよ。
    みんなが純粋な わけではないです。
    ダウン症は天使!なんて聞きますが
    教員の目を盗んで嫌がらせをする
    腹黒いダウンちゃんも知ってますし…。
    しっかりママが子供に向き合ってる人は まっすぐな子が多かったように思います。
    障害があっても 躾は大事だし
    教えるべきことは 教えていきたいですね。

  18. 稲倉サナ より:

    >yi-shenさん
    コメントありがとうございます。
    私もいつもどのようにしてブログを読んでいるのか気になっていたので参考になりました!
    ありがとうございました

  19. 稲倉サナ より:

    >だばちゃんさん
    ('ω')ノ

  20. なおすけ より:

    サナさん
    おはようございます(*^^*)
    どのような世界にもあるのですね。
    決してピュアではない。。
    親が見守り根気よく善悪を教えなければいけませんね。
    いけない事をする知恵はあるのだから、いけない事をしたらダメだと学習する知恵もあるはずだと。
    教え込まなければならないのだと…
    うちの子は○○だから仕方ないの。
    に、甘えてばかりではいけない。
    障害だから。と、通じない場面もありますね。
    うちも療育園へ通うとなると
    イジメの事も大きな悩みの一つでして…
    夫婦でも考えておりました。
    保健師、保育士さんにも聞いて、
    相談をさせてもらわなければいけないと…
    被害者にも加害者にもなり得る。
    親は 罰ゲームだ。
    なんて幼稚な言葉を使い発信してる
    場合ではありません。
    責任重く子供に当たり前を教える。取り組まなければいけませんね。
    これは、
    健常、障害児関係なくですね。

  21. yi-shen より:

    >だばちゃんさん
    私のブログのコメントでも返信させていただきましたが、
    ここを読まれている方々の参考になるかもしれないので、
    こちらにも書いておきます。
    私の環境ですが、
    PCにはNVDA
    http://nvda.jp
    これをインストールしていますので、読み上げでWindowsを使えます。
    無料です。
    iPhoneも使っていますが、
    こちらは設定を変更するだけで、
    読み上げで使用することができるようになっています。
    世界中のiPhoneで可能です。
    読書環境については
    http://www.sapie.or.jp
    こちらを見ていただくのがいいかなと思います。

  22. だばちゃん より:

    >稲倉サナさん
    ご親切に
    ありがとうございます!
    早速ブログにコメント入れてみました。
    お心遣いに感謝です。

  23. 稲倉サナ より:

    >アレン朔良さん
    コメントありがとうございます。
    私、ちょうど明日のブログで書こうと思っていたことなんです、それ。
    障害があっても、子供は結構人をみている。
    人によって態度を変える。
    これ、うちの太郎も同じなんです。
    障害のある無しは関係ないかと思います。
    子供って未熟なんですよね。
    だから、大人になるまでは、私たち親がしっかり見守っていかないといけないんだな、と思います。

  24. 稲倉サナ より:

    >のっちさん
    コメントありがとうございます。
    イジメは残念ながらどこの世界にも存在し、加害者にも被害者にもなり得るのですよね。
    だからこそ、未熟な子供のうちは大人が見守ってあげなくてはいけないと思いました。
    外食の件、他人に迷惑をかける以前のお話です。
    子供が「お前は見えないところで1人で食べな!」と言ったからといって、本当に実行する人がいるなんて驚愕です。これがもし自分の親だったらと思うと涙が出ます。
    私だったら子供がそんな悲しいことを言わなくてもいいように外食はしません。

  25. 稲倉サナ より:

    >chikaさん
    コメントありがとうございます。
    子供にイジメのようなことを平気でやらせておく親がいるなんて衝撃を受けましたが、それを恥ずかしいとも思わず一般公開する神経を疑いますね。

  26. 稲倉サナ より:

    >yuyuさん
    コメントありがとうございます。
    うちの子もそんな特性はなかったです。
    というか、一度でもそんなことをやろうもんなら、烈火のごとく叱ったと思います(笑)
    それを言いなりになっているから、いつまでたっても治らないだけ。
    躾を放棄しておきながら、こんな子供がいる自分は不幸と嘆くのはお門違いでしょう、と思いますね。

  27. アレン朔良 より:

    サナさんのブログは、本当に勉強になります。皆さんのブログを読むと障害に対して無知だったな、と思います。
    知らない事が多くて。
    高校は、支援学校を考えているので人に迷惑をかけない人間に育てたい、と思います。
    いちくんは、奇声という問題行動があります。毎日、先生に確認して叱っています。普通級では出さず、支援級、ディサービスでは出す。
    分かってやっているので、夫婦で叱っています。

  28. 稲倉サナ より:

    >アサガオさん
    コメントありがとうございます。
    言っても理解できない子供に対して注意したり叱ったりするのはシンドいですよね。だから、面倒だな、と思う親や祖父母は子供の言いなりになってしまう。
    本当に愛情があるなら、叱るべきだと思います。
    理解できなくても、従うことができなかったとしても。
    そうしないと、家族には何も言われなかった=やってもいいこと、と勘違いして生きていくことになりますよね。
    それでは、外で同じことをやってしまいますよ。
    「うちは自閉症だから、言っても無駄」と躾を放棄している親は、自分が楽をしたいだけなんだな、と思っています。

  29. 稲倉サナ より:

    >はきママさん
    コメントありがとうございます。
    定着は、なかなか難しいものはありますよね。
    そもそも何故叱られているか意味がわからない場合が多いかと。
    だからこそ繰り返し教えていくことに意味があると思います。
    うちの太郎はいまだに、何故叱られるのか意味がわかっていませんが、「やってはいけないこと」というのは理解しています。叱られ続けているので(笑)
    きちんと覚えないと苦労するのは子供本人ですから。
    お互いがんばりましょう!!

  30. 稲倉サナ より:

    >だばちゃんさん
    横からすみません。
    yi-shenさんですが、おそらく私のブログのコメント欄までは全部読んではいらっしゃらないかと思います。
    毎日記事を書かれていらっしゃるので、そちらにコメントをしていただくか、メッセージを送ってみてはいかがでしょうか?
    その際、私のブログのこの記事でコメントを見た、と言っていただいて構いません。

  31. のっち より:

    サナさんこんばんは!
    悲しい事に何処の世界にもイジメや上下関係は存在するんですよね…
    知り合いのお子さんも、支援級の上級生から命令されたり、物を隠されたりした事があったそうです。
    明日は我が身。
    もしかしたら息子が加害者にも被害者にもなりうるかもしれない。
    言ってもすぐに理解出来ないかもしれないけど、繰り返し教える事は大切ですよね。
    ファミレスの件も、たまたまブログ読みましたが空いている時間ならいいという問題でもないような…
    周りを巻き込むこだわりは、未然に防ぐ事も必要だと感じました。

  32. chika より:

    私も モヤッとしました。そのようなブログを読んで。
    しかも、こんな特性ある自閉症の娘がいて私って可愛そうでしょ とあからさまに被害者のような文章。
    被害者ぶる前に全力で躾をすればいいのにと思いました。

  33. yuyu より:

    フォロワー2000人おめでとうございます!これからも楽しみにしています!!
    私も子供が小さいですが、そんな特性あるんだなって思って読んでしまいました。でも、自分の子が同じ事をしたら?やっぱりダメな事の線引きは兄弟(障害の有無)で変えてはいけないと思うので、きちんと伝えてそれで癇癪を起こすようなら外食をやめるかなって思いました。
    何だか何でも障害だからってフィルターにかけられて可哀想、誰か指摘してくれる人がいればって思ってしまいました。

  34. アサガオ より:

    サナさんこんばんは。
    偶然ですね笑、私もきっとサナさんと同じブログを読みました。
    障害があろうとなかろうと、親と子の立場の逆転はあってはならないと思います。
    あのブログが本当だとしたら、完全に親が(祖父母も)子ども(孫)に支配されていたんだろうな、と思いました。そして、きっと、現在もそうなんだと思います。
    人様の家庭の事なので、踏み込んだことを言うつもりはありませんが…誰も指摘出来ない環境は残念だと思います。
    自閉症スペクトラムと言っても、個性は様々ですよね。私も自分の子どもの特性をしっかり見極めて、寄り添って、コツコツと、繰り返し繰り返し、教えて行こうと思います。
    サナさんの適度な客観的な捉え方が、私は大好きです。
    フォロワー2000人、おめでとうございます!
    これからも応援しています。

  35. はきママ より:

    サナさん、よくぞ言ってくれました!!
    長男も特性大ありですが、しちゃいけないことは定型発達の子も一緒だと思って育児してきました。
    なかなか定着しないので繰り返し繰り返し
    教えてます(疲れます…)。
    でもちゃんと教えないと困るのは私じゃなくて長男なんですよね!
    今は「小さいから」で許されますがいつかそれが通用しなくなる、また今日も頑張って言い聞かせます!
    あっ!?フォロワー2000人おめでとうございます♪♪

  36. だばちゃん より:

    >yi-shenさん
    はじめまして。
    >サナさん
    ブログコメント欄をお借りしてすみません。
    気を悪くされたらすみません。
    全盲と書かれていたのですが、実際にどのような方法でブログ等読まれているのでしょうか。差し支えない範囲で教えて頂けると幸いです。
    私事ですが、視覚障害の方の向けに、パソコンを使用して音声に物語を変換するボランティアをやりたいなと思っております。自治体で年一回講座が開かれるのですが、仕事のスケジュールが合わず、もう5年以上…いやもっと受講できていません。
    アラフィフをすぎ、指と脳が動く内に実現しなければ!と焦っています。
    もし、ご自身や回りの方々でこのような福祉を受けられた方、受けたいと思う方がいらっしゃればご意見を伺いたくコメント欄を使わせて頂きました。
    私は子供の頃から本が大好きで、その楽しみを他の子供達にも知ってほしい、そのお手伝いができれば、と考えています。
    分かりにくい文章、不適切な表現がありましたらすみません。

  37. 稲倉サナ より:

    >ゆか林檎さん
    コメントありがとうございます。
    驚きますよね。
    もしもそこにいたのがうちの父だったとして、父があっちのテーブルに行けと孫に命令されたとしたら、本気で叱りますよ。障害とか関係ないです。そういうことを言われたら不快に思うということは、ちゃんとその場で教えてあげることこそが愛情だと思います。
    それで怒って店を出て行くことになったとしても。
    だいたい私だったら、両親が1人で遠くのテーブルで食事をするなんてかわいそうで見ていられないし、そんな辛い思いをしてまで外食に行く意味がわかりません。
    逆に自分1人が別テーブルに行けと言われたら喜んで行きますが(笑)
    いつも1人になりたいと思っていましたから。
    何度も何度も外食に連れ出されてジャイアンのような振る舞いさせられるお子さんご自身が可哀そうでなりません。

  38. 稲倉サナ より:

    >ゆるりんさん
    高等部は軽度の子が入ってくるので、そういうことがあるのかなと思っていましたが・・・。
    あるあるなんですね。きっと。
    うちも今のところは大丈夫ですが(多分)、標的にされないように、学校の先生とは密に連絡をとりあっています。

  39. 稲倉サナ より:

    >mameron10さん
    コメントありがとうございます。
    本当にそれです。イジメをする子はとても頭がいい。親や先生にバレないようにやるんですよね。だから加害者の親が濡れぎぬだと怒って乗り込んできたり。最近では学校側もモンペの対応に苦慮していて、なかなかイジメもなくならないようです。

  40. 稲倉サナ より:

    >whitecrownさん
    コメントありがとうございます。
    自分より弱い立場の人にマウントしたい、という気持ちは多くの人の心にある気持ちなんではないでしょうか?
    →まさにその通りだと思います。
    きっと誰にでもある感情だと思いますが、それを表に出さずにいられる人がほとんどだとも。
    次男の学校にもいじめをする子はいました。たいていその親御さんはみんな自分の子は天使だと思っていて、まさか加害者だとは思っていないんですよね。
    それを見て、自分の子もいつか加害者になる可能性はある、それを見逃さないようにしなければと思いました。

  41. 稲倉サナ より:

    >おひさまさん
    コメントありがとうございます。
    他の方のコメントを拝見して思うことは、結構よくある話なんだと思いました。
    大切なことだと思うので、みなさんと情報を共有できると幸いです。

  42. ゆか林檎 より:

    例のブロガーさんですね
    いくら障害があるとはいえ、外食先でそういう理不尽な命令をくだしたなら「そういうこと言うならもう帰ろう」と即座に店を出るべきだと思います。
    それを好き放題にさせるから子供はますますジャイアン化する。
    うちはADHDとアスペルガーと軽度自閉症があるので、言ってきかせるにしても健常のお子さんより何倍も時間がかかりましたが「自分がされて嫌なことは絶対相手にしたらダメ」ということは繰り返し教えこみました。

  43. ゆるりん より:

    卒業した支援学校に高等部になると軽度の生徒がたくさん入学してくるのですが、今までいた中度や重度の生徒と同じクラスになって、軽度の生徒が今までいた生徒をバカにしているし、いじめる時もあるので、クラスを分けてほしいと学校に要求したらしいけど却下されたみたいです。高等部から入学する生徒は軽度で恋愛や部活とかもあるみたいで別世界な感じです。先生も軽度の生徒には軍隊みたいに、厳しいし。うちの子どもは最重度で重複学級だったので別世界で軽度や中度重度の生徒とはか関わりがなかったし、生徒同士のいじめはなかったですね。

  44. mameron10 より:

    障害があるなしに関わらず、自分の子がそうならないように気を付けなければと思います。
    でも健常児のいじめっ子って、親や先生の前ではいい子だったりするんですよね。
    だから、そういう子の親に限って、うちの子はそんな事するはずがないと思ってる。
    我が家は転勤族で転校が多く、上の子はよくイジメにあいました。女子の場合は大抵、先生や親に言うからというと、それだけはやめてとイジメをやめたみたいです。
    男の子は陰湿ではない分、お腹蹴られてアザとか出来てましたが、先生も気付くのでクラスを離したりしてくれました。
    うちの子も、そんなことをしないよう目を光らせてます。

  45. whitecrown より:

    いじめは昔からあるし、きっと今後もあるし、それは健常、障害かかわらずどのコミュニティにもあるんだろうなと思います。
    自分より弱い立場の人にマウントしたい、という気持ちは多くの人の心にある気持ちなんではないでしょうか?
    私も昔何回かいじめられました。親の都合で何回か転校したため、転校先では常に注目され、「言葉が変!(方言ですね)」「目立っていい気になってる!」などなど…。理由は様々。相手にしなければそのうち落ち着きましたが、いじめられている時はつらかったなぁ…先生や親には当然言えなかった。
    自分も人の親になって、我が子がいじめられないかが心配…はもちろんありますが、調子に乗っていじめる側に回ってしまわないか?これも同じように心配です。
    親として、いつも子供の様子に注意を払える親でありたいなと思います。子育ての悩みは尽きることがないですね!

  46. おひさま より:

    いつも、私の中のモヤモヤを記事にしてくれてありがとうございます!
    私の関わる方々に行っていただきたいくらい私の考えズバリ!と書いてあって読むたび毎回スッキリします!ありがとうございます✨

  47. 稲倉サナ より:

    >☆ま~さん☆さん
    コメントありがとうございます。
    コメントを読ませていただいて、ものすごく共通点というか共感点が多いです!
    うちも叱っても「何故ダメなのか?」という理由がわからないので、叱るときは簡潔に、「現行犯」のとき限定にしています(笑)
    本当に意味がわからないので叱っても響かず、日々悩みますが、彼らは「パターン」として覚えることができるので、理由はわからないけど、これをやると母親に叱られる→だからやらない、これでいいのでは?と思っています。理由を理解することはきっと一生できないかもしれないので。
    あと、面倒みたがりの件、あるあるですよね(笑)
    うちの子も、同年齢の子に世話をされるのは嫌います。知的障害が重くてもプライドはあるんですよね。そういう部分は尊重してあげたいと思っています。

  48. 稲倉サナ より:

    >yi-shenさん
    コメントありがとうございます。
    やはりよくある話なのですね。
    自閉症でも一般のクラスでいじめられていた子が、支援級に移った後に自分より重い子をいじめる、という話は聞きますね・・・。
    これは障害のある無しに関わらず、人間の性(さが)なんでしょうか。
    自分がやられたら嫌なことは人にはしない、と教えられてきたはずなのに。
    やられたらやりかえせ、という考え方ではいじめは無くならないですよね。

  49. こんにちは
    初めまして
    いつもブログ拝見させていただいています。
    うちの息子も重度知的の自閉症で特別支援学校に通っています。
    躾、重度知的の躾
    これ、本当に毎日考えます!
    うちの息子の理解の出来る範囲で、簡潔に叱ります。
    理屈が理解できないので、本気でダメ!
    子供が泣こうが喚こうが←これ大変
    ダメなものはダメ!なので
    分かる範囲で何でダメか?話しますが多分理解出来てないだろうな?
    でも、毎日、いや、1日に何回も繰り返しです。
    イジメあるみたいですね。
    話には聞きます。
    面倒見たがり、これあります!
    うちの息子これでフラストレーションMAXです。
    まとまりの無い文章ですみません
    障害児にも躾は必要だと私も思います
    スクールバスで他害をしても、○○ちゃんダメよ~位しか言わないお母さんが居て
    やられたお母さんは怒りMAX、場の空気重っ!です。
    自分の子をきちんと叱り、相手にもきちんと謝るべきでは?と思います。
    と、自分の話ばかりですみませんでした。
    これからもブログ拝見させていただきます。宜しくお願い致します。

  50. yi-shen より:

    同じ障害でも、軽度の人が重度の人を、なんてことはよくあるのですよね。
    一般の学校にいた弱視の生徒が、視力低下などの理由で盲学校へ。
    それまでイジメられる対象だったけれど、自分が優位な環境になり、
    全盲やそれに近い人がイジメのターゲットになる。
    何度となく見てきました。
    全盲で単一の障害者が、
    視覚以外の重複障害の人へのイジメ、なんていうケースもありましたね。
    全盲の私も、少し視力のある人にイジメられた経験はあります。
    私の親は、
    やられたらやりかえせ
    そう言うだけでしたけれどね。

コメントを残す